ボランティア登録東京財団セミナー

2005年04月10日

朝日新聞に載りました!

朝日新聞の2面、「時々刻々」に名前入りでコメントが掲載されました。
「社会的投資としての寄付」についてです。
 
市民税の1パーセントをNPOに寄付する市川市の制度などとともに紹介されています。
ぜひご覧ください。
 
「社会的投資としての寄付」については、以下に簡単にまとめて置きます。
私の質問を受けて導入検討が始まっています。


〇社会的投資としての寄付

使い道を指定できる寄付。
いくつかの政策メニューを区が提示し、その中から選ぶことが出来る。
 例)「分煙推進」「区施設の自然エネルギー利用」「学校での英語教育」とか。
それによって、(1)自分の望む政策が実現されやすくなる(2)寄付の効果が実感できる、などのメリットがある。

区側としても、(1)「在学者」「在遊者」などに協力を求められる(2)区民のニーズが寄付額で把握できる(3)緊急性が低いが価値のある新事業を立ち上げやすくなる?などのメリットがある。


・今までの寄付
寄付をしても一般会計に入るので、何に使われたか全くわからない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 08:25│Comments(0)TrackBack(0)議会活動 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

ボランティア登録東京財団セミナー