2005年02月21日

お台場・ベンツ突入大暴れ男

東京・港区台場のビルに乗用車が突っ込んだ事件がありました。運転していた男がパトカーを奪おうとするなどして逮捕された事件で、バットを振り回して犯人が警官を追いかけた画像をご覧になった方も多いかと思います。
 
 
映像を見ていると、バットを振り回して突っ込んでくる犯人に対して警官がダッシュで逃げているようにも見えます。パトカーを守ろうとしたのかもわかりませんが、警官ですら何をしでかすかわからない怖さを感じたのも確かでしょう。
 
 
連想するのは学校安全です。この現場がもし学校だったなら、犯人が突っ込んだのが学校であったなら、教職員は立ち向かうことができるのでしょうか。おそらく、立ち向かうのだと思います。「子どもを守らなきゃ!」と言う思いで恐怖を省みず立ち向かうんだと思います。
でも、それでいいのかな。
 
やっぱり専門の職員を導入するのがいいと思います。例え全国で年間10件しか侵入事件が起こらなかったとしても、リスクの大きさと父母・生徒の安心を考えると十分価値のある政策だと思います。
 
渋谷区の決断は議員として支持をしたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 14:16│Comments(0)TrackBack(0)時事問題 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。