「からすのような黒髪」って褒め言葉なの?表情豊かな「渋谷」

2002年11月14日

全部、自分が悪いんだ!

座右の銘、というほどではありませんが、何か問題に直面したときにいつも思い出すことがあります。
それは、「原因は全て自分にある」ということです。
 
 
別に、卑屈だとか、偽善だとか、悲観的だとか、いい子ちゃん(?)だとか言うわけではなく。
そう考えたほうが楽だし、前向きに行動できるのです。

例えば、交渉ごとなど。
うまく主張がかみ合わなくて、合意できないことがあります。
ここで、「あー、あの人は○○だから、無理だ」と思ってしまうと、それ以上進みません。
決裂です。
そうではなくて、「自分は△△だから、うまくいかないんだ」と、原因を自分に持ってくる。
そうすると、この原因を取り除くことが出来れば交渉は進みます。一筋の光明が見えてくるのです。
 
 
もちろん、結局はうまくいかないかもしれません。
でも、自分以外のものに原因を求めると、自分が何をやってもうまくいかないことになる。
自分が原因だと考えると、わずかでも可能性が出てくるのです。

もしかすると、強烈にワガママなのかもしれません。
裏を返せば、「最後の決め手は常に自分が持っていたい」になりますからね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

「からすのような黒髪」って褒め言葉なの?表情豊かな「渋谷」