スゴイ奴が!「からすのような黒髪」って褒め言葉なの?

2002年11月12日

対立こそが進歩の原点

「朝日新聞と産経新聞を読んでいます」
そういうと、しばしば「えーっ??」と驚かれます。
一般的にはこの2紙は全く主張が異なると思われているようです。
 
 
本当にそうなのか?
12日の朝刊でちょっと検証してみました。
#表題は適当にいじっています

○1面
・朝日:
 UFJつばさ証券の顧客データ流出
 関西大手企業が共同出資で再就職支援会社を設立
 司法改革国民会議の初提言
 大阪市、07年世界陸上
 イラク国会で国連安保理の決議受諾の審議始まる
 高野連会長内定
・産経:
 遺骨、松木さんと別人
 李登輝氏のビザ問題
 鈴木宗男氏の初公判

○社説
・朝日
 産業再生機構「ゴーン社長が必要だ」
 有事法制「やっぱり廃案、出直しを」
・産経
 産業再生機構「公正な体制作りを急げ」
 鈴木議員初公判「腐敗根絶へ手を緩めるな」
 
 
うーん、殆どかぶらない!!
ここまでとは思わなかった。すごい。
本当は主張などにも突っ込んでみたいところですが、それは次回に回すことにします。
 
 
かなり性格の違う2紙を読むことで、私は論点を整理します。
違いがくっきり見えてくると大変面白い。
もちろん、両方ともかなり癖があって嫌になることもありますが、それはそれで面白い。
 
 
こんな読み方は、いかがですか?



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

スゴイ奴が!「からすのような黒髪」って褒め言葉なの?