震災対策について王道を歩め

2005年01月18日

政策は実現してナンボ

政策には、大きく分けて

調査→立案・提言→実現

といった段階があります。
個人的な見解では、政策は実現できなければ意味がない、と考えています。
ただし、この場合の「実現」というのは、例えば考え方が取り入れられるとか、次善の策が受け入れられるとか、もっと下がって現実制度の問題点を若干修正するとか、そういったことも含めての言葉です。
ですから、かなり幅広く捉えています。

いいっぱなしでは意味がありません。
現実にそぐわない政策も意味がありません。
多少妥協しようとも、少しでも考え方を現実に反映させ、行政や制度をよりよい方向に変えていく。
そんな政治家になりたいなぁと思っています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

震災対策について王道を歩め