連携して事にあたる藤田幸久氏インタビュー

2004年12月12日

インターンシップ

地方議員インターンシップをやっている団体「アイカス」のマッチングフェアに参加。どんどん参加学生が増えているようです。いい傾向ですね。

 

一分間プレゼンを合同でやったあと、議員ごとにブースに分かれて15分の説明タイム、という段取りです。
結構プレゼンなど不本意な部分もあったのですが、ブースは割と盛況で、渋谷というターミナル駅の強みを痛感しました。行き帰りなどを考えると渋谷はラクですよね。他の地域に比べ、渋谷区議会にアドバンテージがあるのは間違いありません。

 

最終的に私の事務所に希望があったのは9名だそうです。他の団体やインターネット応募、それに前期の継続などを含めると10人は越えそうで、前回(10名)、今回(12名)に続いて二桁の受け入れはほぼ確実です。また賑やかになります。
ちなみに、国会議員などもインターンシップは受け入れていますが、多分国会議員も含め全国の議員の中で私は受け入れ人数最多クラスに入るようです。累計はまだまだ少ないですが。

自慢は今まで脱落者がいないこと。大抵の場合途中で来なくなる学生がいるようなのですが、今まで30名を受け入れて途中脱落はありません。それだけ満足度の高いプログラムを提供できているのではないかな、と自負しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:25│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

連携して事にあたる藤田幸久氏インタビュー